日本人店員が苦手です。(2/12)

こんちは。

 

20代も残すところ3ヶ月を切りました。

30歳の重み、目の前まで来ております!因みに、30歳の誕生日はタイのバンコクで迎える事になっています🇹🇭

飽きもせずまた海外行ってきます。

 

昨晩は建国記念の日でしたが出勤日で仕事終わりに御徒町で前職の同期だった友達とサシで飲み🍻因みに彼は今はコンサルタント👔実にLogicalなThinking でした。

f:id:oniondukeysk:20200212214930j:image

f:id:oniondukeysk:20200212215230j:image

アメ横周辺にはアホほど居酒屋が並んでいて客引きも沢山いたし、何か一風変わったお店も色々あった。でも結局最後に行き着いたのは中華でしたと言うオチ🥟

 

食べログ3.5超えのお店がたくさんある中、堂々の3.08という低評価でありながら、安い、(それなりに)美味しい、空いている良い店だった。あと中華って何が良いかというと店員が中国人なのも良い。

 

私は飲食店に関わらず日本人店員と接するのが結構苦手だったりする。店舗の仕事って基本忙しくて大変だから苛々してたり適当にしてたりとかがもろに感覚として伝わってきてしまってムカつく。

 

おじちゃんおばちゃん店員とか全然感じないけど、その辺の大学生とかレベル低く目な若者の態度は別に良い接客とか全く期待してないのに態度が良い気分がしないので早くロボットに置き換わってしまえと切に思う。

 

その点外国人の店員はそもそも適当ベースからスタートするから素っ気なくても何も感じないしニコッと笑われたらまじでこいつ接客良い奴とか思ってしまう。

コンビニも最近ネパール人とかベトナム人とか増えてきて私は嬉しい。何かやりやすい。日本人と外国人がレジで並んでいたら私は外国人のレジの方に自然と行ってる。

 

分かるかな?この感覚。

 

何か同じ島国民族だとなんてことない要らぬ阿吽の呼吸を感じるからかな〜

 

まぁ繰り返し作業でつまらん仕事だから私も逆の立場だったらそういう感じになるのも分かるけど、何かそういうのあるよね。

f:id:oniondukeysk:20200212220423j:image

 

それでは。

 

 

経堂、ドラえもんミュージアム(2/9)

こんちは。

 

今週末は川崎市ドラえもんミュージアム行った。

f:id:oniondukeysk:20200209212419j:image

家族連れより大人で何人か来てる人の方が多かった。それくらい漫画で見たドラえもんや大川のぶ代時代のアニメドラえもんを懐かしみに来る人が多いのだろう。

懐かしかった。俺の人生何時間ドラえもんに使っただろう。

f:id:oniondukeysk:20200209210128j:image

行きしなに小田急線の経堂駅に降り町を歩く。

f:id:oniondukeysk:20200209213052j:image

f:id:oniondukeysk:20200209212724j:image

昼飯はガッツリ肉の定食。

f:id:oniondukeysk:20200209212727j:image

東京農大があり学生街で安くて旨そうなお店が色々とあった。

個人的に町歩きしてみた中で住んでみたい街ランキングの5本の指に入る素晴らしい落ち着きと利便性であった。

 

東京は人口密集エリアが広いので都心近郊には味のある生き生きした商店街を持つが多数ある。

 

もちろん、家賃もしっかり高水準なのだが。

 

 

初、神戸クラウンパレス泊(2/6)

こんちは。

f:id:oniondukeysk:20200206212900j:image

今朝4時半に起き、東京から神戸の工場へ。

 

1日工場で仕事をして、今晩は初めて神戸本社近くのクラウンパレスホテルに泊まる事に。ここは神戸ハーバーランドの近くで窓からポートタワーも見える一等地。

f:id:oniondukeysk:20200206212954j:image

15階のダブルルーム。ソファは3人座れる。いつものチサンイン神戸とはレベルが違う。

 

しかしここは川重の偉いさん達も御用達なので我々のような平社員でも平日空いている時はいつも同プライスで部屋が優遇されるという。

 

神戸財界で言うと、やはり川重の力は強い。三河デンソーがそうだったように、神戸では川重はお山の大将的な扱いかもしれない。

 

俺はなんの努力もなくポッと入社して来て単なる出張でこんなに良いホテルに泊まらしてもらっている。

 

一般の人たちは神戸の旅行とかで記念日だとか特別な時間を過ごしに大枚をはたいて泊まるのに。

 

そんなバブリーな感じの事を言いながらも会社の19年度三四半期決算は良くなかった。とは言え私の想定よりは良かったが。

稼ぎ頭の油圧機器、産業ロボット落ち込みにより、もっとボロボロな決算かと思っていたが、環境プラントカンパニーや車両カンパニーが持ち直してそこまで見た目の悪い内容ではなかった。まぁ見た目は悪いけど悪いレベルはましである。

 

もちろん日経なんかは前年比ベースの利益率変動をパーセント表示するので数値的なインパクトを与えるような書き方をしているが、船、電車が死んでいる中、航空部品の特損を抱えながらも一応最終黒字で今年度を終えそうとも言える。

 

米中貿易摩擦のあおりは結構効いていて、そこは他の多くの製造業の決算も反映している通り、外的なマイナス要素もかなり強い。あと想定レートも円高に振れている。

 

まあ成長鈍化っちゃあそうだけど、向こう10年くらいはそこそこのプレゼンスで日本の大企業は生きていけるだろなと思った。ただ私が40近くなった時に仕込みができてない会社はワラワラと分社化されたり合併されたり統廃合して、労働条件が次第に悪い感じになりそう。

つまり今中学、高校生くらいで真面目に今の価値観で勉強してる子達がかわいそうだなーってこと。

 

大きな組織さえ入ればエスカレーター式に皆んなが課長みたいなポジションになって1,000万円以上収入を得てる事は間違ってもないでしょう。別になりたいとも思わないけど。。

 

だけど少なくとも今私は大きな組織の楽さを感じられている。

明日の商売の事を四六時中気にすることもなければ、貯金も自然に貯まる。連休でもシステムが金を生み出してくれている。

 

今の中高生は真面目に親の言う通りにしても大企業もあと10年くらいでだいぶ格差が出てきて死ぬところは死に始めるのでなんの享受も得られない可能性がかなり高くなる。

日本は雇用規制や岩盤規制を破壊して社会の新陳代謝を良くするような施策は10年くらいの時間軸では大きく変えられないでしょう。民主主義である限り。

 

そのうちテクノロジーの進化が勝手に進んでいって働かなくても良い世の中になると思う。そして後追いで社会設計がやむを得ない形で適合していくんだろう。

 

高級ホテルでそんな近未来の成り行きサラリーマン像を予測してみるのでした。

 

それでは。

チキン🐣ラーメン作り@横浜(2/1)

こんちは。

 

中国武漢から拡がった新型肺炎コロナウイルスが連日ニュースになっていますね。

 

年明けから米イラン軍事衝突、新型肺炎、英EU離脱と企業活動から見れば業績下げ要因が続いていて景気的には幸先の悪い雰囲気です。。

 

今日は横浜のみなとみらい、中華街と行ってました。心なしか人少ない気もしました。冬なのでこんなもんなのでしょうか。

f:id:oniondukeysk:20200201220948j:image

カップヌードル博物館でチキンラーメン作りをしに行くというのが主目的でありました。

f:id:oniondukeysk:20200201221912j:image

f:id:oniondukeysk:20200201222029j:image

日清食品の偉大さを知るには十分なサービス施設。小麦粉から作りました。チキンラーメン

戦後間もない闇市でラーメン一杯に長蛇の列ができるのを見た安藤百福は、お湯を注ぐだけで誰でも簡単に安くて栄養のある食品を国民に供給したい。そう考え世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を開発するに至ります。

f:id:oniondukeysk:20200201222607j:image

1970年代以降から時系列に歴代カップ麺のパッケージが並んでいた。懐かしいものも多々あった。と同時に俺はこれまでの人生いかに日清食品のラーメンを食べて身体を育ててきたんだろうかという気持ちになった。

たぶん日本人なら誰でもそう思うだろう。それほど日清のカップ麺は馴染み過ぎている。

f:id:oniondukeysk:20200201223009j:image

300円でオリジナルカップヌードルも作れる。

謎肉ましましもできる。

俺はチリトマトスープにキムチ、謎肉、ガーリックチップ、インゲンを入れた。(そして先程夜食で食べたところ。)

 

帰りは中華街で麻婆豆腐ぶっかけ刀削麺

うまかった〜

横浜中華街は当たり外れもあるので、目利きが必要。

f:id:oniondukeysk:20200201223142j:image

とても平和な一日でした。

そしてもう2月に入りました。

今年は関東圏の様々なエリアをできるだけ足を伸ばしたい。

 

それでは。

 

 

岡崎市→刈谷飲み→製鉄所(1/22-23)

こんちは。

 

昨日は岡崎市の設備メーカーへ打ち合わせ。

その後岡崎から刈谷駅に降り立ちデンソー同期と飲み会。

目木、伴ちゃん、ちあき、久保あやかと久々の再会。いず味泉楽にて。(写真は特に無い)

 

酔っ払って名古屋のホテルに戻り、今日は一日製鉄所におりました。

高炉の炉頂へ。なかなか見れない景色です。

f:id:oniondukeysk:20200123194604j:image

鉄の作り方は知ってる?

俺もここ一年でだいぶ詳しくなった。

原材料の鉄鉱石やコークスをオーストラリアからとかか船で持ってくる。

f:id:oniondukeysk:20200123203347j:image

コークスは炉で蒸し焼きにして、高炉へ鉄鉱石と一緒にぶち込んで混ぜて溶かす。

f:id:oniondukeysk:20200123202950j:image

溶かした鉄をトーピードカーという列車に乗せて転炉で不純物を取り除く。

f:id:oniondukeysk:20200123203214j:image

溶けて純度の高くなった液体を連続鋳造機でうにょーんと伸ばす。

その後鉄板にしたり、コイルで巻いたりと色々な用途別に加工して出荷する訳だ。

f:id:oniondukeysk:20200123203011j:image

 

「鉄は国家なり」を感じた。

高炉を持って製鉄をしている国は数少ない。

かつては日本は製鉄世界一であったが、中国の宝武や韓国ポスコ、欧州のアルセロールミタルなど合併やら何やらで存在感は減っている。

しかし高炉のデカさと異世界感に圧倒されました。良い社会勉強になりました。

 

それでは。

内部監査員養成研修(1/20-21)

こんちは。

 

神戸市役所近くで見つけた担々麺屋さん。激辛旨し。

f:id:oniondukeysk:20200120211101j:image

奈良で過ごした週末。月曜は朝6時36分発の電車で橿原神宮前から神戸駅へ。神戸本社に出勤。約2時間かかった🚈これ毎日は、無理やな。。

 

出勤と言っても月火と2日間の社内研修でした。お題は内部監査員養成コース。ISO9001規程を学び内部監査を実施できる人材を育てる為の研修である。

 

別に興味があった訳ではないが品質管理における規程を学ぶ事は製造業で生きていく身として知っておいて損は無いしという感じ。

 

火曜日の晩に名古屋へ移動🚅

f:id:oniondukeysk:20200122144430j:image

 

台湾まぜそば。やっぱり旨い😋🍽

 

それでは。

ソフトボール審判⚾️からの橿原イオン映画🎥(1/19)

こんちは。

 

昨日は朝から西池尻グランドで畝傍ジュニアの練習試合の審判⚾️

f:id:oniondukeysk:20200119203213j:image

f:id:oniondukeysk:20200119203252j:image

小6と小4だと体格も運動能力も全然違うなーと思った。畝傍ジュニアは小4主体のチームだから小6主体の相手だと結果もこんな感じ。

f:id:oniondukeysk:20200119203309j:image

2年後は楽しみですね〜。

 

お昼からチャリ漕いで橿原イオンへ。「パラサイト〜半地下の家族」という韓国映画を観に観に行く。

 

この映画、既に世界中でかなりのヒットを記録しており、たぶん今年のカンヌではきっと何か受賞すると思います。コメディやホラーっぽい要素もありつつ最終的には資本主義のえげつない格差社会を描く社会派映画🎞メタファーも多くあって、映画見た後に解説動画や記事を見てそういう意味だったのか!という楽しみ方もあります。

 

日本でも昨年万引き家族という映画が国際的に評価され色々と話題になりましたが、アメリカ、イギリスでも同じような貧困家族を題材にした映画が受賞されており、貧富の社会的断絶が進む世界の世相を表していると言われています。

 

にしても韓国社会の資本主義社会の影が濃すぎて衝撃でした。。今の韓国の若者を表すえげつない言葉があります。2010年頃から恋愛、結婚、出産を捨てた三放世代から、今は就職、マイホーム、人間関係、夢を捨てた七放世代に突入しているんだとか。。(日本で似ている言葉にさとり世代というのがありますが、すごく優しいネーミングですよね。知的にすら感じさせる良いレッテルだと思います。笑)

 

とにかく、2019年度ナンバーワンの映画でした🎬

 

それでは。